株式会社 In my room
10:00~18:30
 第一・第三火曜日 毎週水曜日
2018年07月15日
大家さんの相談室

エアコン付き物件 【空室対策】

連日、猛暑が続いております
今日は、賃貸物件にエアコンが必ず必要か?をお話します。結論から申し上げると、私は必ず必要と考えております。20年前とくらべ、非常に気温が高くなっております。近代化が進み、高い建物が建ったり、アスファルトの道路が増えたりと、風が抜けない、日影が少ないなど、気温の上昇はさけられません。

 
1Kの単身用なら、絶対に必要です。無かったら決まらないのでは?と思います。単身の方は転勤、転職、独立で引っ越しをされる方がほとんどです。自分でエアコンを持っているという方はほとんどいません。また、住み替えでも今住んでいる所がエアコン付きで生活をしていたら、新居にエアコンが無いとなると、購入しなくてはならなくなりますので、エアコンの無いお部屋は選ばれにくいお部屋になります。

2DK以上のお部屋にはここ何年かでついているのが多くなりましたね15年以上前の話になりますが、その当時はファミリー物件にエアコンが無いのが普通の時代でした。今でも2DK以上でエアコンが無い所も見かけます。せめて1基だけでも設置をすることをお勧めします。

何故、エアコンを設備とするのか?

部屋を探す方のほとんどが、インターネットで部屋を探します。自分の希望の地域、家賃、間取り、必要な設備をチェックし、絞り込みをします。エアコン付きを条件で絞り込みをすると、エアコンが付いていない部屋は出てきません。せっかく、大家さんが綺麗にリフォームをして、お客さんを迎えている状態でも条件で絞り込みをされてしまったら、借りる方の目にもとまりません。

※注意!残置物のエアコンがあっても、設備では無ければ、インターネット上で設備と表示できません

2DK以上のお部屋を探す方は、エアコンを持っている又は借主が設置すると思う大家さんも多いと思います。以前はそうでしたが、今は違います。エアコンをもって引っ越ししてくる人は少ないです。持っていても2台目として使う事の方が多いです。

借りる側からすると、エアコンを外してもお金がかかるし、取り付けにもお金がかかります。処分にもお金がかかります。昔と違い、あまりお金を掛けずに引っ越しする時代になってます。

エアコン付きのメリット・デメリット

メリットは、お部屋探しの条件に「エアコン付き」で検索されやすくなる。

借主にも喜ばれる。また、今年のような猛暑であれば、借主からしたら、無くてはならない設備である。夏にご案内した所で、「エアコン」無しとなると、初期費用以外も考えてしまします。これからの賃貸住宅には必須です。

デメリットは、電化製品なので寿命がありますので、故障、壊れた時は貸主さんの負担となります。また、借主さんは自分でエアコンのクリーニング等はしませんので、退去時の原状回復工事や、定期的にエアコンのクリーニングをお勧めします。

繰り返し申し上げますが、エアコンが付いていない2DK以上の物件はエアコン付きで探されてしまうと、表示されませんので、リビングや洋室に1基はつけることをお勧めいたします。

arrow_upward