株式会社 In my room
10:00~18:30
 第一・第三火曜日 毎週水曜日
2018年07月03日
大家さんの相談室

持ち家を貸したい

一軒家を賃貸で募集したい


最近、空き家を貸したい又は、購入したので賃貸で募集してほしいと依頼を受けることが多くなりました。
賃貸で貸すという事は家賃収入が得ると言う事です。

ここでお話したいことは、家賃収入を得るメリットもあるが、リスクもあることも忘れないでほしいのです。

①入居が決まらなければ、家賃収入がゼロ
家賃の収入をその物件のローンの返済に充てる場合には空室の期間は自分の貯蓄などで返済資金に回すことになりますので注意してください。ローンの返済が終っている方や、ローンを組んでいない方は問題ありません。

戸建ては「戸建てに住みたい」と思う方が決めてくので、場所、家賃、間取りが合えば決まりやすい賃貸です。主にファミリーの方が多いので学区の関係などで。決まると長く住んでいただける傾向です。

②建物の老朽化・災害のリスク
住んでいただけるのは有難い事ですが、その分、設備の故障も出てきます。設備においては貸主さんの負担になります。故障、交換、修繕など想定している年数より早く壊れてしまうこともあります。

地震、台風、水害、竜巻など、各地で異常気象が起きておりますが、万が一建物が被害に及ぶこともあります。修繕するのも費用はかかるし、その度合いによっては賃貸物件として貸せない場合も出てきます。

大がかりな修繕が必要になり、そこで生活が出来ないくらいの期間が必要な場合は入居者さんに引っ越しをして頂くことになりますが、引っ越しの費用等は貸主さんの負担になることがほとんどです。

③ご近所トラブル
入居者の生活習慣にもよりますが、騒音やごみの出し方などで、ご近所トラブルが発生する場合もございます。入居者には自治会の加入を勧めた方が良いと思います。共同住宅では、建物によっては全員入っている場合が多いのですが、任意加入の所が多いので、未加入の方も多いのが事実です。

戸建て賃貸の場合は、近隣に戸建て住宅が多いので有れば、自治会に入っていただき、近隣との摩擦を避けた方が良いと思います。当社では自治会に加入していただくようお話させて頂きます。

騒音については、戸建てだけではなく、分譲マンションの賃貸でも同じことが言えます。周りの住人は購入している方がほとんどの場合、その方たちは簡単には引っ越しが出来ません。賃貸なら「嫌なら引っ越し」と思います。

入居者の属性や、家族構成、生活習慣などは審査時に確認することをお勧めいたします。

④賃貸で貸すという事
家賃収入を得るという事は、貸せる状態で貸すことです。人に貸すとなれば、価値観の違いは出ます。例えば、今まで住んでいて特に問題が無かったから、そのまま貸すという方もいますが、網戸が破けていたり、戸が閉まらない、エアコンは壊れているなど不具合については、事前に確認し、貸す前にどうするかを決めることです。

エアコンが壊れているのなら撤去するか、新しいものを設備として付けるなど、貸す前に不具合が無いかを確認しましょう。賃貸に初めて出すオーナーさんは、特に気を付けてください。借主、貸主の認識の違いは良くあります。

 

借りる側はお金を払って借りるので、取り決めが無いと入居中や、退去後にトラブルになることもあります。

トラブルが起きないよう、事前に確認が大切です。

arrow_upward