株式会社 In my room
10:00~18:30
 第一・第三火曜日 毎週水曜日
2018年06月28日
スタッフブログ

やまもも♪

こんにちは!

ここ何日か梅雨の終わりのようなお天気だったのに、今日はじめじめとした蒸し暑いお天気ですね。

先日、高知の知人から、宅配便が届いて、たくさんの野菜を送ってくれたのですが、その中に、ヤマモモが!!!

大好物なんですが、採れる期間が梅雨時の1週間くらいと短くて痛むのが早いデリケートな果物なので埼玉では売ってるところ見たことないんです。

もう20年近く食べれてなくて、本当にうれしい~!!!ありがとう!!!

ヤマモモ(山桃)はその名の通り、山の桃?見た目は桃とはまったく違っていて、果肉の表面はぶつぶつした舌の表面みたいなものに覆われていて、

中には桃の種に似た小さな種があります。大きさは小梅のちょっと大きいものくらいの大きさで味は甘酸っぱくて、なんとなくマツヤニのような(マツヤニ舐めたことある人しかわからないかな・・・)お酒のジンみたいな感じかな?の独特の風味が少しして、すっごく美味しいんです。

子供の頃 祖父の家の庭に このヤマモモの大木が2本あって、木に登って枝をゆすってシートを敷いた庭に落として、夢中になって拾って食べた記憶があります。

祖父の家のヤマモモは白桃といって、このヤマモモよりも白くて色づいてもピンクくらいの色になる種類のものでした。南高梅くらいの大きなものもありますが、大きなものは酸っぱいので、塩漬けにして、お腹が痛い時の家庭用常備薬になっていました。

高知県の県木にもなっているこの木は高知ではお菓子やジュース、お酒などに加工されてよくお土産やさんで売られています。

見かけたらぜひ食べてみてください☆

季節と郷愁を感じる贈り物でした。

arrow_upward