株式会社 In my room
10:00~18:30
 第一・第三火曜日 毎週水曜日
2018年12月21日
お部屋探し

バスとトイレが一緒の1K

空室の多いタイプの1K
 
私が不動産会社に勤めたことは、「お風呂とトイレは一緒でも大丈夫」と言う方は多かったです。今から15年前になりますね!また、抵抗もなく決まっておりました。家賃も安く、価格重視の人は申し込みをしてくれてました。10年経つと家賃の相場もだいぶ変わってきたと感じます。ほぼ、底値になってきているのではないかと思います。

最近は、「バストイレ別は絶対!」と言い切る方が多くなっております。もちろん、「バストイレ一緒」と、「バストイレ別」では家賃の相場も違います。お部屋は年をとっても、探す方の年齢は変わらないのが現状です。

しかし、「バストイレが一緒」でもあきらめてはいけません。

中には、家賃が重視の方もいます。数多く「バストイレ一緒」のお部屋の中から選んでもらうには、印象を良くすることをお勧めいたします。家賃を下げるのは簡単ですが、オーナー様も賃貸経営をされていますので、家賃を下げて入居を考える前に、室内の印象を変えることをお勧めいたします。家賃を下げると、入居者の属性も悪くなります。家賃を下げずに貸せるお部屋造りが大切です。

バストイレ一緒の1Kの空室の対策

バストイレが一緒の1Kをお持ちで空室に悩まれる方がいらっしゃいましたら、ご提案です。2019年の1月~3月に決まってほしいと思うオーナーさんに自分の物件をもう1度見直してほしいのです。

・同じ最寄りの駅の同じような年代の、同じような仕様のお部屋と、家賃が一緒、又は似たような条件になってないか?

・設備は建てた時と同じ設備の内容ではないか?

・不動産屋さんが出しているチラシ(紹介するカード)にオススメコメントが部屋ではなく、近隣の施設になってないか?例:スーパーが近くて生活便利など・・・

・初期費用が高くなっていないか?敷金、礼金、仲介手数料以外にもかかる費用が多くないか?

 
何故、見直してほしいか!?

・同じ間取りの同じような物件と条件を合わせても、借主の決定打が無い。良くもなく、悪くもなく、普通の物件になってしまっています。

・設備は最低限、TVモニターフォンにはしましょう。また、1Kではインターネット無料などはうれしい設備になります。時代に変化に伴い、必要とされる設備が増えております。建てた当時と同じままでは、決まらない原因の一つとも言えます。

・不動産屋が出しているカードのおすすめコメントは、ポイントとなる部屋の特徴が無いので、物件の近隣の施設などにしてしまっている。TVモニターフォンなどが設備としてあるようでしたら「訪問者も確認が出来るTVモニターフォン」などともコメントが出来ます。

・お願いしている不動産会社にもよりますが、オプションで入居時に色々なサービスが付いている場合があり、広告にすべて載っていると、見ただけで高そうなイメージです。(例:消臭・抗菌、24時間サポート、消火剤など、)

オーナー様も家賃を下がることができない事情もあります。
設備を良くして、家賃を下がれば決まりやすいのは確かな事ですが、やはり賃貸経営ですから、家賃を下げたくないと思います。

家賃を下げたくない!と思う方は設備に投資、又は初期費用を下げることをお勧めします。

家賃を下げることはお勧めしませんが、設備を投資できない方は、家賃を下げる提案になります。家賃を下げると、入居者の属性も悪くなります。家賃を下げると言っても、変化のない1000円、2000円程度下げても、消費者は、お得感は沸きませんのでお問い合わせにつながりません。(何年か前は、下げたらお問い合わせが来たという時代もありました)

設備はどんなものが良いのかな?
アクセントクロス、IHクッキングヒーター、TVモニターフォン、インターネット無料など1Kに求められるものが多くなりました。

下記に、アクセントクロス、IHクッキングヒーターなどの必要性をまとめましたので、ご確認ください。

アクセントクロス
 
例えば、アクセントクロスを入れてみる。真っ白な壁に1面だけ色を変えます。床の色と調和するように、色を選びます。ご自身のアパートが女性の入居者が多いのか、男性の入居者が多いのかなど考え、好まれる色を選びます。1面だけ色が違う事により、印象が変わります。特に写真のような床は白をベースにしているので、部屋が明るい印象に変わります。クロスの単価は白のものより多少上がりますが、効果はあります。

IHクッキングヒーター

渦巻型の電気コンロや、鉄板がある電気コンロは、交換が可能であれば、IHクッキングヒーターなどに交換をお勧めいたします。自炊を希望されている方はガスコンロ又は、IHクッキングヒーターなどを好みます。また、電気コンロはお湯を沸かすのに時間がかかる、焼き物の料理は熱量が低いため、調理に時間がかかります。

 

アクセントクロスや、キッチンの調理器具もそうですが、入居者にとって使いやすい、選ばれやすいお部屋に仕上げることが重要です。バストイレ一緒のお部屋は主に1Kや1Rのお部屋です。その中でもより良い物件が選ばれて行きます。オーナー様のお持ちの物件の特徴や、入居者の特徴を生かし、お部屋を作り上げることが空室を埋めるのに一番早い方法です。単身の男性が多いのか?女性が多いのか?社会人が多いのか?学生が多いのか?など入居者は様々です。その入居者が好むように部屋を仕上げる必要性が出てきております。

arrow_upward