株式会社 In my room
10:00~18:00
 第一・第三火曜日 毎週水曜日
2021年11月18日
スタッフブログ

賃貸住宅の珍事件 ⓵

私も、賃貸業に関わってから18年になります。振り返ると、いろいろな珍事件がありました。その中でも印象に残っているお話をさせていただきます。

共有部分の電源から、部屋に電源が伸びているのは?

しばらく前に、ある共同住宅のオーナーさんから相談がありました。

「急に共有部分ので電気代が上がった??」

「共有部分の電気って??廊下の共有灯しかないですよね?他に何か電気使う事ありますか?」

「特にないのよね~。夕方になると電気がつくので、毎月そんなに金額の変動が無いんだけどね~」

リフォームの仕上がりを見に行くため、ついでに、現地確認しに行きました。

現地で見たものは、「共有部分の配電盤の様な所からからコードが部屋に伸びている・・・・」

正直な所、焦りました(汗)私が焦っても仕方ない事なのですが、私の想像を超える光景を見てしまいました。

確かに電源が伸びている部屋の住人は、家賃の未納があり、保証会社が対応していました。部屋に電源が伸びていても納得しました。どうやら東京電力さんに電気止められてしまったのでしょう?(想像です)

自分の想像を超える事をされると、ちょっとパニックになりますね・・・(;^_^A

本人、緊急連絡先に連絡し、対応すると約束させ、解決に向け話合いましたが、しばらくしたら保証会社さんから退去の連絡が来ました。

電気代が払えない、水道代が払えない、ガス代が払えない、家賃が払えないなどと、人それぞれの理由があると思いますが、今は、相談をするところが沢山ありますので、他人に迷惑をかける前に、相談してください。市の福祉課など様々な所で相談出来ます。

arrow_upward