株式会社 In my room
10:00~18:30
 第一・第三火曜日 毎週水曜日
2021年04月10日
スタッフブログ

引越ししたら転居の届出を!

春の引っ越しシーズンも落ち着き始めましたね。引越しした人も多かったのではないでしょうか?

引越しする際に、転出届、転入届はちゃんとしていますか?

住んでいる地域の市役所などで転出届をもらい、引越し先の市役所等で転入の届け出をするのが基本です。

引越しをしてから14日以内に転入届をださなくてはなりません。

きちんと、住民票を新しい住所に移しておかないと、いざ!という時に大変な思いをすることもあります。

転出、転入届は出してけど、「運転免許証の住所変更をしていない」と言う方もいらっしゃると思います。

平日にお休みが無い方は、何度も市役所や、警察署など行く時間がありませんので、1度に手続きをしてしまう事をおすすめ致します。

住んでる住所と運転免許証の住所が違うと、賃貸の審査の時、住所の証明できるものが必要になる場合がある

経験した方もいらっしゃると思います。運転免許証の住所と住んでいる住所が相違している場合、現在の住まいに住んでいる証明が必要となる時があります。例えば、公共料金の領収書又は明細(電気・ガス・水道)もちろん、本人の名義ではないとなりません。

気に入ったお部屋が見つかっても、すぐに審査が進まず、不安になりますね。

 

運転免許証などの有効期限にも注意してください

最近では、運転免許証も身分証代わりに持っている方も多くなりました。車は運転しないけれど、顔写真付きの身分証証明書が必要な場合は、運転免許証が1番多く使われます。

しかし、運転免許証も住所の変更をしていないと、更新のお知らせが届きません。更新せずに、「うっかり失効」してしまう場合も多いようです。

いざ!顔写真付きの身分証が必要な時に、有効期限切れなんてこともありますので、車を運転するしないにかかわらず、住所の変更をしていない方は、今一度、確認しておきましょう。

arrow_upward