株式会社 In my room
10:00~18:30
 第一・第三火曜日 毎週水曜日
2020年01月18日
お部屋探し

1人暮らしで大変だったこと その⑥

1人暮らしで大変なことシリーズ第6弾は、朝起きれない人です。

規則正しい生活をしている方は、あまり関係ないかも知れませんね!

私が20代の頃のお話です。20代の頃は、遊びに行くのが好きで、仕事が終わったら遊びに行き、帰りは12時前後の事が多かったです。(毎日ではありません!)若かったからできたことですが、今では考えられません。

布団に入る時間もばらばらで、規則正しい生活とは言えない状況でした。

しかし、朝は必ず同じ時間に起き、会社に行くという試練が待っています。目覚ましも3つくらい用意し、布団から離れた場所において、起床しておりました。

1人暮らしだと、起こしてくれる人もいないので、必ず自分で起きて、会社に行く!睡魔との戦いの日々でした。

時には、目覚ましを止めて、二度寝してしまって、会社に遅刻してしまったり、電車に乗り遅れ、遅刻してしまったりと、懐かしい日々に思えます。会社では、必ず、上司に怒られました。(もちろんですね!)

これも自分の成長につながることなので、良い思い出となっております。

今は、仕事が終わってから遊びに行くこともなくなりましたので、比較的早い時間に布団に入り、朝はさほど辛くありません。毎日8時間は睡眠を確保しています。年齢と共に寝る時間は早くなりますが、○○時に寝ないと、明日の仕事に影響がでると考えるようになりました。

睡眠時間は大切なことに気が付きました。仕事中に眠くならない、体の疲れもとれる、考え事も寝てしまえば、すっきりし良い方向に考えることもできるようになりました。

良い仕事をするには、睡眠が1番大切だと思います。

規則正しい生活を心がけ、1人暮らしを楽しみましょう。

 

 

arrow_upward