株式会社 In my room
10:00~18:30
 第一・第三火曜日 毎週水曜日
2020年01月04日
お部屋探し

引越し難民にならない為には

ここ何年か「引越し難民」という言葉を耳にします。

昔から3月の中旬以降に引っ越し業者さんを頼むのは難しい状態でしたが、更に輪をかけて難しくなりましたね!

3月から4月は人の移動が多い時期なので、料金も上がってしまい、引っ越しする人からすると、金銭面では頭が痛い思いです。

2019年は大手建築会社さんの施工不良問題などが重なり、引っ越しの見積もり輪をかけて引越し難民が増えました。働き方改革に伴い、

引越し難民にならない為にも、今年はどうしたらよいのでしょうか?

3月~4月に引っ越さなくても良い方は、早めに引っ越しをしましょう。

人事異動や、新社会人、新入生など新しい地域での生活をする方は、早めに引っ越しが出来る状態ならば、部屋を決め、3月上旬までには引っ越しをしておくことをお勧めいたします。

もちろん、早めの引越しができない方もいらっしゃると思います。移動する予定がはっきりしているならば、先に引越し業者を確保しておくことをお勧めいたします。少なくとも希望の日に引越しできなかったなどという事は無いでしょう。

3月は新築の完成などが多く、新築を申し込みしている人は、引越し業者も手配済みです。もちろん、賃貸だけではなく、購入している方も引っ越し業者の手配はしています。

引越し業者さんからすると、早めの予約で、トラックや人員の確保ができ、効率よく仕事ができます。

3月に「さぁ!引越し業者を頼もう!」となると、日程や、荷物の量が決まっていないと、スムーズに引越し業者さんが確保できません。予め、日程や荷物の量は確認しておきましょう。「今からだと早くない??」なんて思ってはいけません。3月中旬以降は、金額が通常の3倍くらいになります。引越しする部屋の契約金以上になることもしばしばあります。

 

 

引越し業者を使うメリットは?

①短時間で終わる。

②梱包の手間が省ける。(事前に段ボールとガムテープくれたりします)

③保険がききます。

④友人などに気を使うことが無い。

⑤自分で動くことが少ないので、休みをまるまる引っ越しで使わなくてすむ。

などなどメリットは盛りだくさんです。

社会人になると、休日に用を済ませようと思うと、引っ越し作業で1日つぶれてしまいます。次の出社日に疲れを残さないためにもプロにお任せすることをお勧めいたします。

次の日の疲れ具合が全く違います。

現在、お引越しを検討している方は、合わせて引越業者の検討もしてみてください。年々、お部屋探しの時期は前倒しになっています。

arrow_upward