株式会社 In my room
10:00~18:30
 第一・第三火曜日 毎週水曜日
2019年11月03日
お部屋探し

内見時に、必要なものはありますか?

賃貸物件を内見する際に、必要なものありますか?

内見の予約の時に、たまに聞かれますので、ご説明いたします。

特に、絶対必要なものは、ありませんが、あった方が良い物は

身分証明証(運転免許証・健康保険証等)

身分証は、気に入ったお部屋があり、申し込みをする際に必要となっております。比較的、お急ぎの引っ越しだったり、インターネット上で、ほぼここで決まりと思っているお部屋が有る人は、用意しておきましょう。

また、現在、お仕事をされていなく、次の就職先が決まっている方は内定通知書のコピーもあると良いでしょう。

転勤などで急ぎの方は、身分証明書の他、これからの勤務地の会社の情報や、住民票、収入の分かるものも用意しておくと、スムーズです。

内見だけなんだけど、あった方がいいのは何?

案内をしてくれる不動産会社さんが、用意してあることの方が多いかも知れません。

引越しする時、持っている電化製品や、家具の大きさを測っておくと、便利です。特に冷蔵庫や、洗濯機の大きさは、物件によっては、入らない所も出てきてしまいます。

スマーフォンや、タブレットは、写真を撮っておき、家で確認をすることができます。「コンセントの位置ってどこだっけ?」「この部屋はテレビのアンテナあったっけ?」などと見直す事が出来ます。気が付いたことは、内見時に写真を撮っておくと、便利だと思います。不動産会社も写真を持っていますが、ほとんどがホームページなどの掲載用で採っているので、細かく映っていないことが多いのです。

「ビー玉」はお部屋の傾き加減です。稀に案内していて、「この部屋傾いている」と思う事があります。平衡感覚の問題なので、感じない方もいらっしゃいますが、敏感な方もいます。目に見えて傾いている場合は、事前に伝えてもらえる場合もあります。不安な方は、持っていると自分で確認することができます。

人それぞれ、意見が異なると思いますが、お部屋の傾きなどは、直せないことが殆んどですので、あまりにも傾きが気になる方は、別のお部屋にした方が良いかと思います。

その他、持って行った方がいいものは、方位磁石や、メモや、ボールペン。これから買う予定の家具や、家電のサイズのわかるものなどです。携帯電話は電波がちゃんと入るのか確認しましょう。

 

この記事を書いた人
篠崎 雅美 シノザキ マサミ
篠崎 雅美
はじめまして、In my roomの篠崎と申します。私は、大手不動産仲介会社に11年半勤務し、その後、地域密着型の不動産会社で勤務。賃貸仲介、管理を中心に学び、会社を立ち上げました。

当店は女性が運営する会社です。ご来店頂けるお客様も女性の方が多いのが特徴です。
私は、ご来店頂いたお客様に、次もここで部屋を借りたいと思って頂けるようお客様一人一人のご希望に沿ったお部屋を紹介してきました。
経験が長い事が幸いにも、色々な相談も受けました。ご入居中でもいまだに相談を受けることがあります。

また、オーナー様には頼っていただける存在でいたいと思い、管理の家主様、自主管理のオーナー様の空室の相談などを数多く対応してきました。お部屋を預かり、入居が決まって嬉しいそうなオーナー様のお顔を見ると、こちらも「頑張って良かった」と思います。今後、少子化問題や、高齢化、空き家問題など更に増えると思います。募集を任せて頂けるオーナー様の為にも日々、勉強しております。

賃貸の一番大切なことは、貸主、借主さんの幸せです。皆さん、新しい土地に引っ越しし、新生活を楽しみや不安があると思います。私達、不動産仲介管理業者が頼れる存在であれば、不安も少し解消されると思います。
また、オーナー様も空室が続くと、不安や、不満も出てくると思います。少しでも協力できることや、解決策の相談など頼れる存在でいたいと思います。
In my roomはまだ、小さな会社ですが、地域の皆様にとって、気軽に相談が出来る不動産会社でいたいと思います。
arrow_upward