株式会社 In my room
10:00~18:30
 第一・第三火曜日 毎週水曜日
2019年09月29日
大家さんの相談室

共有部分は、お部屋が決まる条件の1つです。

ご案内の際に、思う事。室内も大事なことですが、エントランスや、共有部分、ごみ置き場、駐輪場は、借主さんが部屋を決めるにあたって、大事なポイントです。借主さんは、探している条件に「共有部分がキレイな所」とは言わないものです。

エントランスやごみ置き場が、散らかった状態で、放置されていると、第一印象が、マイナスからはじまります。たまたま、ゴミの日で散らかったものと、前から散らかったものの区別は、誰でも分かります。

市の回収の方が「ごみの分別してください」「これは、市では回収できません」などのシールが貼ってあるゴミが、ずっと置いてある状態をみると、住人の生活が想像できてしまうからです。

私も、案内が終り「お部屋はどうでしたか?」と聞きます。「部屋はいいけど、ごみ置き場が・・・」と言われたことがあります。(探していた方は女性です)

そうですね!女性は必ずと言っていいほど、共有部分は確認をしています。単身、ファミリー問わず、確認される場所です。借主さんは、心の中で思っていても、言わない人の方が多いです。

ごみ置き場や、エントランス、駐輪場などがキレイに保った状態を維持することは大変なことですが、とても大切です。ごみ置き場に、ずっと回収されていないゴミや、駐輪場に、何年も放置された錆びた自転車、エントランスに木の葉が溜まっているなどよく見かける光景です。

放置自転車は、そのままにしとくと、必ず、増えます。市の回収されないゴミも、そのままにしとくと、必ず増えます。不思議なものです。「類は友を呼ぶ」というのでしょうか?悪循環なサイクルが生まれます。

オーナーさん自身が、物件の近隣に住んでいない場合、この事実を知らない方もいらっしゃると思います。定期清掃を入れているから、大丈夫、管理会社が入っているから大丈夫、とは思わずに、定期的には、確認をした方が良いと思います。

私が以前、勤めていた管理会社では、定期的に、放置自転車の撤去をしておりました。定期的に撤去をしても、やはり増えるのです。悩ましい問題でした。

物件に、手を掛けるのと掛けないのでは、数年後に必ず違いが出てきます。

arrow_upward